Blog Archives

s

クセのある髪質の人は、雨や雪などの湿気の多い日は髪の毛がまとまりにくいので、朝のヘアセットに時間がかかってしまいます。バサバサでまとまりにくい状態だと、外出するのが嫌になってしまうので、そんなときはルベルのイオ ディープマスクを使うようにしてください。 湿気やダメージの影響を受けやすいクセのある髪に、ルベルのイオ ディープマスクの有効成分が浸透すると、内面からバランスの良い状態に整える効果があるので、しっとりまとまりやすくなります。使用後は広がりにくくなるので、ヘアセットが楽になるでしょう。 濃密リピッドベースが、疎水化しながら集中的にケアし、毛先の隅々まで届くので、触り心地よい髪の毛に仕上げられます。ダメージのない健康的な髪の毛に生まれ変わるので、クセ毛にお悩みの方は試してみるようにしましょう。 ルベルのイオ ディープマスクの使用方法はまずシャンプーを行い、頭皮や髪の毛の汚れをしっかり落とすようにしてください。それからタオルで水気を拭き取り、ルベルのイオ ディープマスクを毛先を中心に塗布して、髪全体になじませるようにしましょう。 そのまま3分ほど置いたら、よくすすいでください。髪の毛のダメージ状態に合わせて、週1~2回を目安に使うようにしましょう。根元にたくさんつけるとベタつくことがあるので、適量を塗布することが大切です。 これだけでベタつきのイヤな重さを与えることなく、クセとダメージをケアして、毛先までスルッと扱いやすい髪に整うので、一度使うと手放せなくなるでしょう。口コミでもその効果は評判で、クセ毛が気にならなくなったとか、湿気の多い日でもヘアセットがしやすくなったなど、多くの人に喜ばれています。 他の口コミでも、しっとりしてパサつきが減ったとか、まとまりやすくて軽い感じになったなど、クセ毛の悩みをお持ちの方には非常に好評です。市販のシャンプーやトリートメントだけではクセ毛の悩みを解消できない方は使ってみてください。

一言でトリートメントと言っても、市販のトリートメントと、サロンつまり美容室用のトリートメントでは、かなり大きな違いがあると言われています。 たとえば、市販のトリートメントによってもたらされる主な効果が保持であるのに対して、美容室用のトリートメントの主な効果は修復であると言うことができます。ここで言う保持には、髪の表面のダメージが今以上にひどくなるのを防ぐこと、そしてそのような状態を維持させる効果が含まれます。しかし、髪の毛の内部の補修力は弱いとされています。それに対して、美容室用のトリートメントに期待できる修復と呼ばれる働きには、傷んでしまった髪の毛の内部に必要な栄養を補給することによって修復し、より健康な状態に近づけることが含まれています。同時に、水分や油分をも補給できるため、髪の毛をしっとりさせ、まとまりやすい髪の毛へと導くことができます。このように、美容室用のトリートメントによって髪の毛の修復が可能になるのは、髪の毛の主成分であるアミノ酸が豊富に含まれているからでしょう。アミノ酸は人の体にも必要な成分であり、市販のトリートメントと比べると、配合されている量が大幅に違うと言われています。 また、市販のトリートメントと美容室用のトリートメントには別の面での違いもあります。それは、効果の持続時間の長さです。基本的に言って、美容室用のトリートメントは、効果の持続時間が長いという特徴があります。そのため、美容室で一度トリートメントをつけてもらうと、一週間以上も効果が続くと考えられています。それだけの間、さらさらの髪をキープできるというわけです。もちろん、美容室でトリートメントをつけてもらったあと自宅で何もしないのであれば、せっかくの効果も半減してしまうことでしょう。それで、美容室でトリートメントをしてもらったあと、自宅でもしっかりセルフトリートメントしてケアするなら、その効果を持続させることができます。